> > 東京都、低利ローンを活用した住宅用太陽光発電導入の推奨プランを公募

東京都、低利ローンを活用した住宅用太陽光発電導入の推奨プランを公募

記事を保存
東京都、低利ローンを活用した住宅用太陽光発電導入の推奨プランを公募

東京都は、住宅用太陽光発電導入時の初期投資軽減及び安心の担保を実現する「屋根ぢから」ソーラープロジェクトの第一ステップとして、連携する金融機関にジャックスを選定した。ジャックスは、実質年率1.95%で低利ソーラーローンを提供する。

また、都では、本プロジェクトの第二ステップとして、太陽光発電の販売店に対し、この低利ローンを活用した「屋根ぢから」推奨プランを公募する。

都は、2月に、都環境公社と連携し、住宅用太陽光発電における補助金に代わる新たな普及策として、「屋根ぢから」ソーラープロジェクトを開始することを発表した。本プロジェクトでは、以下の3段階で取り組みを推進する。

  • ステップ1:低利ローンの提供と適切な販売店管理が可能な金融機関の公募・選定
  • ステップ2:「屋根ぢから」推奨プランの公募・選定
  • ステップ3:中立的・効果的な情報発信と相談窓口の設置(平成25年5月予定)

第一ステップでは、低利ローンの提供と適切な販売店管理に協力する金融機関を公募し、5社から応募があった。金利など提案内容を総合的に審査の上、ジャックスを選定した。ジャックスの主な提案内容は、1.低利ソーラーローンの提供(実質年率1.95%)、2.販売店管理(販売店の財務状況や営業実態、苦情受付状況等を定期的に調査)、3.「屋根ぢから」推奨プランの円滑な運用、となっている。

今回は、第二ステップして、低利ローンを活用した「屋根ぢから」推奨プランを応募する。対象は、選定金融機関(ジャックス)の加盟店、又は平成25年5月7日までに選定金融機関(ジャックス)に加盟店契約の申し込みをした太陽光発電の販売店。主な要件として、価格基準とアフターケア(一定の要件を満たす発電量モニタリングや保証)をあげる。

価格基準は、標準プラン(モジュール変換効率17%未満)の価格基準(税抜)は40万円/kW以下、高効率プラン(モジュール変換効率17%以上)の価格基準(税抜)は44万円/kW以下となっている。また、都内の既築建物に設置される太陽光発電システム(10kW未満)を対象とする。

提案は、1提案者あたり3プランまで。公募期間は4月11日(木)から5月7日(火)まで。要件を上回る提案内容は高く評価し、一定規模の上位プランを選定する予定。

都では、推奨プランに選定されることのメリットとして、選定金融機関(ジャックス)の低利ローン(実質年率1.95%)を活用できること、推奨を受けていることを示す「スーパーやねぢからくん」マークを使用した営業ができること、ウェブサイトや相談窓口等における都及び環境公社による積極的PRがあることをあげる。

【参考】
東京都 - 低利ローンを活用した「屋根ぢから」推奨プランを公募します

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.