> > 浜松市、小中学校の屋根を貸して太陽光発電、事業者向け説明会を開催

浜松市、小中学校の屋根を貸して太陽光発電、事業者向け説明会を開催

記事を保存
浜松市、小中学校の屋根を貸して太陽光発電、事業者向け説明会を開催

浜松市は、再生可能エネルギーの導入によるエネルギー自給率の向上に向け、市内の小中学校の屋上を太陽光発電事業用地として民間事業者に貸し出す「浜松市公共施設屋根貸し太陽光発電事業」を実施すると発表した。本事業の事業者向け説明会を4月19日(金)午後2時~午後3時30分に同市役所にて開催する。

事業者は全国から募集し、貸し出す小中学校は15~20校程度、貸出期間は概ね20年間を予定している。事業者説明会では、本事業に関わる貸出条件や審査基準等、公募要領について説明する。

説明会への参加申し込みは、4月17日(水)まで、E-mailまたはFAXで同市新エネルギー推進事業本部で受け付けている。また、本事業へ応募の意思がある事業者に対し、現地見学の開催を別途日程で行う。

【参考】
浜松市 - 『浜松市公共施設屋根貸し太陽光発電事業』事業者説明会の開催について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.