> > 窪倉電設、岩手県雫石町の民有地にメガソーラー

窪倉電設、岩手県雫石町の民有地にメガソーラー

記事を保存

電気工事業の窪倉電設(神奈川県横浜市)は、岩手県雫石町七ツ森地内の民有地約1万2,000平方メートルを借り受け、出力994kWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設する。雫石町長が4月16日の記者懇談会で発表した。

総事業費は2億9千万円、年間発電量は90万kWhで、発電量は一般家庭約250世帯分に相当する。事業運営は新潟県にある関連会社が行い、発電した電力は固定価格買取制度に基づき全量を売電する計画だ。6月中の工事着工、7月からの売電開始を予定している。

同町としては初のメガソーラーとなる。同町長は、記者から「町の財政にプラスになることはあるか?」との質問を受け、「町に直接となると固定資産税が入ること、工事も地元業者に発注したいということ、町内の方を1名社員として採用している点がメリット」と説明。

また、町のクリーンエネルギー推進事業とは直接関連がないが、「工事や雇用などの町へのメリットがあるので、お知らせしている」と述べた。

窪倉電設は、電気設備の設計・施工・メンテナンスを手掛ける。同社が手がけるメガソーラーとしては、新潟県燕市に続く2基となる。同社は、昨年5月に自然エネルギーを活用した発電・売電事業を行うため、燕市に新会社「PVP JAPAN」を設立。8月に、同市の吉田南最終処分場跡地にメガソーラー「TSUBAME site」(出力1,000kW)を完成させ、発電事業を開始した。

また、同社は、3月に、神奈川県の屋根貸し事業の事業者として、県立高校3校の屋上に太陽光発電を設置。本事業では、米SunPowerの産業用太陽光発電システムを採用している。

同社は、4月17日には、長野県小諸市にて、西澤製作所(長野県長野市)が建設中の「あさまソーラーエコパーク発電所」のプロジェクトに、設計・調達・建設を担うEPC事業の1つとして参加していることもあきらかにしている。

【参考】
窪倉電設、新潟県燕市の遊休地でメガソーラー事業、今秋稼働へ(2013/3/28)
雫石町 - 平成25年4月16日 記者懇談会

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.