> > 神奈川県に日本初のガソリンスタンド一体型水素ステーション

神奈川県に日本初のガソリンスタンド一体型水素ステーション

 印刷 記事を保存

JX日鉱日石エネルギーは、ガソリン計量機と燃料電池自動車(FCV)への水素充填機を並列設置した水素供給拠点を、ENEOSサービスステーションDr.Drive海老名中央店(神奈川県海老名市)内に「海老名中央水素ステーション」を開所した。

同水素ステーション開設は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と水素供給・利用技術研究組合(HySUT)の共同実証事業の一環。ガソリンスタンド敷地内での水素充填は日本初。

供給する水素は、ガソリンのサプライチェーンと同様、製油所などで大量・効率的に製造した水素を輸送し、ステーションで蓄圧器(ボンベ)に貯蔵するオフサイト方式を採用。同方式は、FCVの本格普及期における水素の大量供給を想定したもの。

(※全文:849文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.