> > MEMSアグリゲータ各社がサービス発表 電力一括購入で電気代削減など

MEMSアグリゲータ各社がサービス発表 電力一括購入で電気代削減など

記事を保存

マンション等に対して、マンション・エネルギー・マネジメント・システム(MEMS)を導入し、エネルギー管理サービスを行うMEMSアグリゲーターとして採択された事業者が、自社の取り組み内容を発表している。

伊藤忠ケーブルシステムやオリックス電力など6事業者は、マンション向けに、割安な高圧電力を電力会社から一括受電し低圧に変圧し配電することで、電気料金を削減する「電力一括購入サービス」をからめたサービスを提供する。

各社はマンション管理会社やマンション向けインターネットプロバイダー等として提供してきた、独自のノウハウやサービスをベースに、マンション管理組合と構築してきた関係を活かして、マンション全体の電力消費量を把握し節電を支援するサービスの提供に取り組む。

経済産業省は、4月26日にMEMSの導入を補助する「スマートマンション導入加速化推進事業費補助金(平成24年度補正予算)」において、第二次採択分として18事業者をMEMSアグリゲータに採択したと発表した。昨日のニュースにおいて紹介した伊藤忠ケーブルシステムやエナリス以外の6事業者の取り組みは以下の通り。

伊藤忠アーバンコミュニティ

マンション管理会社の伊藤忠アーバンコミュニティは、アグリゲータ採択を機に、同社が管理している分譲マンション全国約7万7千戸のマンション管理組合及び賃貸マンション約1万6千戸のマンションオーナーに対してエネルギー管理支援サービスの提案・提供を実施する。具体的には、「MEMS」に加え、「電力一括購入」、「インターネット接続サービス」の3つのサービスを組み合わせることで、“便利で、使いやすく、効率的”なエネルギー管理支援サービスを顧客に提供する。将来的には、エネルギーのエリアマネジメントも視野に入れた取り組みを行っていく考えだ。

オリックス電力

オリックス電力は、2010年よりマンションなどの集合住宅向けに、「電力一括購入サービス」を開始している。同社では、MEMSアグリゲータとして、今後、電力一括購入サービスを提供していくにあたり、スマートメータ設置による電力使用量の「見える化」や、電力需要の逼迫時に需給抑制を促すことで、マンションにおける電力の最適な使用環境の実現を目指す。今後は、オリックスの戦略的パートナーである大京グループが新築分譲するマンションのうち、オリックス電力の一括受電設備を導入するマンションに標準的に採用していくとともに、大京グループで管理する全国約50万戸のストックをベースに、MEMSアグリゲータとしてサービス提案を推進し、スマートマンションの普及を図っていく。

オリックス電力が提供するエネルギーマネジメントサービス

オリックス電力が提供するエネルギーマネジメントサービス

東急コミュニティ

マンション管理会社の東急コミュニティは、スマートメーターを活用した、「高圧一括受電サービス」をはじめ、以前より、マンションの集合熱供給システムの提供などエネルギーサービスに取り組む。「高圧一括受電サービス」は、今年9月までに約1,000戸に導入する予定。首都圏の管理受託組合から順次提案し、3年間で約1万戸の導入を目標に掲げる。MEMSアグリゲータの採択を受け、管理組合のコスト削減だけでなく、共用部・専有部の省エネ・節電もあわせトータルで支援できるサービスを提案していく。

中央電力

中央電力はマンション一括受電サービスのトップ企業。2010年より三菱地所レジデンスの開発した新築マンションにおいて、「太陽光発電」と「一括高圧受電」を組み合わせた「soleco(ソレッコ)」が標準採用されている。また、すべての駐車場に電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)対応のできる「solev (セレヴ)」の提供も開始している。2013年3月時点で、マンション一括受電の顧客が1,000棟、7万世帯を超えた。マンション内の全ての幹線の電流監視サービス「Smart24」も順次スタートしている。

ジュピターテレコム

ケーブルテレビ国内最大手のジュピターテレコムは、2012年12月から関東の一部エリアの集合住宅向けに電力提供サービス(高圧一括受電サービス)を開始している。今回MEMSアグリゲータとして認定を受けたことにより、今後、スマートマンション普及にも貢献していくとしている。

テンフィートライト

マンション専門インターネット通信サービス事業者であるテンフィートライトは、マンション管理組合との関係を構築してきた実績をもとに、システムの導入のみにとどまらず、通信インフラを生かしたマンション内ネットワークの活用、さらに強みであるイベント、相談会、巡回訪問など管理組合とのコミュニケーション活動を最大限に活用したエネルギーマネジメントを提供していく計画だ。

その他、今回、MEMSアグリゲータとして、かんでんEハウス、KDDI、シャープ、昭和シェル石油、つなぐネットコミュニケーションズ、東芝、長谷工アネシス、富士通、富士電機三菱電機が採択されている。

【参考】
新MEMSアグリゲータに18事業者、マンション向けに新電力も活用したサービス

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.