> > 富士通など、福島県会津若松でスマートコミュニティの事業化に着手

富士通など、福島県会津若松でスマートコミュニティの事業化に着手

 印刷 記事を保存

富士通、会津若松市および東北電力は、福島県会津若松地域において、東日本大震災の被災地復興に向けた取り組みとして、スマートコミュニティの実現に向けた「会津若松地域スマートコミュニティ導入促進事業」の事業化に着手すると発表した。

本事業は、経済産業省補助事業において補助金の交付を受けて実施するもので、実施期間は2013年4月から2016年3月まで。

本事業では、スマートコミュニティの実現に向けては、単に再生可能エネルギーを導入するだけではなく、災害に強く、雇用を促進し、住民に優しいまちづくりに活用できるものであること、さらには、自立的・継続的に運用できる基盤・仕組みを確立することが大切になると考えており、具体的には、再生可能エネルギーの活用を図るためのエネルギーコントロールセンター(ECC)を中核とした以下の3事業を推進する。

(※全文:1,467文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.