> > 東芝三菱電機産業システム、大容量太陽光発電パワコンの受注1GW超達成

東芝三菱電機産業システム、大容量太陽光発電パワコンの受注1GW超達成

記事を保存
東芝三菱電機産業システム、大容量太陽光発電パワコンの受注1GW超達成

東芝三菱電機産業システムは、大容量太陽光発電システム用パワーコンディショナ(PCS)の2012年度受注容量について、1GW超を達成したと発表した。

受注容量の内訳は、メガソーラー用途が大半を占めた。出荷実績は472MWとなったが、出荷時期は2013年1~3月の3カ月に集中した。一方、2013年度の生産規模は2GW以上を見込んでおり、これに対応すべく、現在の生産能力1.5GW/年を7月には2GW超/年に増強する予定。

同社は、2009年度より大容量PCS の本格的な販売活動を開始し、100kW 以上の大容量領域にフォーカスした機種として、100/175/250/500/630kW 機を販売。国内では、再生可能エネルギーの全量買取制度の施行に合わせ、生産能力増強や拡販体制の構築を進めてきた。

その結果、生産能力や短納期対応といった市場のニーズへの対応と、制御性能や高効率特性など製品力が、2012年度の受注容量1GW超の達成につながったと考えられる。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.