> > 日本ガイシ、イタリアの電力系統に大容量蓄電池システムを供給

日本ガイシ、イタリアの電力系統に大容量蓄電池システムを供給

記事を保存

日本ガイシ(名古屋市)は、イタリアの大手送電会社 テルナ(Terna)社と、電力貯蔵用「NAS(ナトリウム硫黄)電池システム」の供給に関する基本契約に合意したことを発表した。

テルナ社との基本契約は、同社がイタリア国内の送電系統に導入するNAS電池システムを、最大で出力7万kW(7時間放電で容量49万kWh)供給するもの。このうち初回分として3万5千kW(同24万5千kWh)のNAS電池システムを、約1億ユーロで受注する予定。これは欧州で初めて電力系統に大容量蓄電池が導入される案件となる。

欧州ではCO2排出量を大幅に削減するために、2020年までに再生可能エネルギー発電の比率を20%まで引き上げることが決まっており、テルナ社によると、イタリアでの2012年の発電量は、太陽光発電が前年比72%増、風力発電が同34%増と大幅に増加している。

テルナ社は、再生可能エネルギーの最適利用のため、同社が保有する送電系統の変電所にNAS電池システムを導入し、電力需給変動への即時対応や電力系統の安定化を図る。気象状況の影響を受けやすい再生可能エネルギーの大量導入による電力系統の変動を、NAS電池システムの大容量電力貯蔵能力によって平準化し、電力供給の信頼性を確保したい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.