> > シャープなど、タイに約84MWのメガソーラーを建設 同国最大規模

シャープなど、タイに約84MWのメガソーラーを建設 同国最大規模

記事を保存
シャープなど、タイに約84MWのメガソーラーを建設 同国最大規模

シャープは、タイにおいて建設を進めていたメガソーラー(大規模太陽光発電所)が5月に完成したと発表した。今回竣工した発電所(10.3MW)は、2012年3月に竣工した発電所(73.2MW)に隣接し、両サイトを合わせ出力規模は同国最大規模の約84MWとなる。

事業運営は、タイ王国の独立発電事業者(IPP)NED社が実施する。NED社は、三菱商事の100%子会社であるDGA社と、在香港のアジア最大の民間電力会社CLP社、タイ王国大手IPPのEGCO社による合弁会社。発電事業の企画、投資、運営を行う。

シャープは、同国最大手の建設会社であるITD社・ITE社とともに、NED社から本案件を受注し、発電所の設計、モジュール・周辺システムの調達および発電所の建設を進めてきた。本メガソーラーでは、高温時において結晶太陽電池より温度特性に優れる薄膜太陽電池モジュールを採用し、約2.16km2の広大な敷地に約64万枚の薄膜太陽電池モジュールと周辺システムを設置した。

また、同社は、本事業において、保守・メンテナンスまで対応する。保守・メンテナンスは、アジア地域における大規模太陽光発電所の保守・メンテナンス業務を行う目的で、2011年3月に設立した子会社のSSMA(Sharp Solar Maintenance Asia Co.,Ltd.)が担当する。特別な教育や訓練を受けた専任者がシステム全体の点検・保守など、発電事業の運営をサポートしていく。

同社は今後も拡大が続く日本や新興国市場などで、発電所の設計やモジュール・周辺システムの調達から発電所の建設ならびに保守・メンテナンスまで一貫して行うビジネスモデルを展開していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.