> > 大和ハウスグループ、福岡県宮若市に19.5MWのメガソーラー

大和ハウスグループ、福岡県宮若市に19.5MWのメガソーラー

記事を保存
大和ハウスグループ、福岡県宮若市に19.5MWのメガソーラー

大和ハウス工業と大和エネルギーは、2013年6月、福岡県宮若市の旧貝島炭鉱跡地(約30万平方メートル)に大和ハウスグループとしては最大規模の総出力19.5MWメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設・運営すると発表した。建設から運営管理まで大和ハウスグループが行うことで、再生可能エネルギー事業のワンストップのサービスを強化する。

2013年10月より、発電した電力を九州電力へ売電する。年間予定発電電力量は約2,000万kWhで、約4,224世帯分の電力量に相当する。年間予定売電売上は約8億円を見込む。

本メガソーラーは、1号発電所(16MW)、2号発電所(1.9MW)、3号発電所(1.5MW)で構成される。着工予定は、1号が2013年7月、2号・3号が2013年6月。竣工予定は、1号が2014年3月、2号・3号が2013年10月。

本発電事業では、三菱UFJリースが土地所有者から事業用地を賃借する。大和ハウス工業は、事業用地の賃借者である三菱UFJリースよりメガソーラーの建設工事を請け負う。大和エネルギーは、大和ハウス工業が建設したメガソーラーを三菱UFJリースより賃借し、発電した全電力を九州電力に売電するとともに、メガソーラーの運営・管理を行う。

また、太陽光発電モジュールはLGエレクトロニクス製単結晶モジュール(出力260W、約88,000枚)を採用した。パワーコンディショナは東芝三菱電機産業システム製を導入する。

これまで大和ハウスグループ全体で約43MWの太陽光発電所(産業用)を受注してきた。また自社施設として、ひびき国際物流センター太陽光発電所や旧札幌工場太陽光発電所などのメガソーラーを運営している。同グループでは、今後も、自社未利用地の活用をはじめ、自治体や各企業が保有する未利用地なども活用した再生可能エネルギー事業を展開し、2015年度までに計100MWの再生可能エネルギーによる発電事業に取り組む考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.