> > 長野県、電気自動車のインフラビジョンを策定 事業者向けに説明会も

長野県、電気自動車のインフラビジョンを策定 事業者向けに説明会も

記事を保存

長野県は、電気自動車(EV)プラグインハイブリッド車(PHV)の普及に向けて、充電器の整備を推進するため、「長野県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」を策定すると発表した。

本ビジョンは、経済産業省の「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」に基づいて策定するもので、本ビジョンの整備方針に沿ってEV用充電器を整備する場合は、同制度で補助率の優遇を受けることができる。

同県では、県ビジョン及び同補助制度を広く周知し、国の補助制度を積極的に活用しながら民間事業者等による充電インフラ整備を促進するため、6月17日(月)に説明会を開催する。対象は充電インフラ整備を検討中の事業者等。定員は120名(先着順)。

説明会は以下の内容で実施する。

  1. 長野県次世代自動車充電インフラ整備ビジョンについて (県温暖化対策課)
  2. 次世代自動車充電インフラ整備促進事業に係る補助金申請詳細について
     ・ビジョンに合致していることに係る県への確認手続き (県温暖化対策課)
     ・補助金申請(補助対象・申請フロー等) (一般社団法人次世代自動車振興センター)
  3. 充電設備の電気使用申込上の留意点について (中部電力長野支店)
  4. 充電ネットワークサービスに関しての情報提供
    (ジャパンチャージネットワーク、合同会社充電網整備推進機構)

経済産業省の「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」は、充電インフラの設置を効率的に進めるとともに、緊急経済対策の一環として民間投資の喚起を図ることを目的としている。本制度では、自治体等が策定し、次世代自動車振興センターより承認を受けたインフラビジョンに基づく充電設備の設置については、購入費と取り付け工事費の補助率が2分の1から3分の1にかさあげされる。

【参考】
EV普及へ全国に充電器設置 自治体が整備ビジョン次々公表(2013/5/20)
岐阜県、電気自動車等の充電器設置ビジョンを発表 補助金の増額が可能に(2013/5/24)
神奈川県、電気自動車用充電器のインフラビジョンを発表(2013/6/5)
長野県 - 「長野県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」を策定しました(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.