> > 熱電発電(温度差発電)、10kW級の発電に成功 製鉄所の排熱利用で

熱電発電(温度差発電)、10kW級の発電に成功 製鉄所の排熱利用で

 印刷 記事を保存

JFEスチールは、今年3月から東日本製鉄所(京浜地区/川崎市)で実施している排熱を利用した熱電発電技術の実証試験について、計画通りの発電出力が得られ製鉄所内で有効利用できることを確認したと発表した。

同実証試験は、製鉄所の連続鋳造設備に設置した熱電発電システムを用いて、スラブ(圧延用半製品鋼塊)から放出されるふく射熱から10kW級の発電を行うもの。同規模の熱電発電の実証試験は世界初。

(※全文:685文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.