> > 経産省が再エネ創出の国民運動「GREEN POWERプロジェクト」

経産省が再エネ創出の国民運動「GREEN POWERプロジェクト」

記事を保存
経産省が再エネ創出の国民運動「GREEN POWERプロジェクト」

経済産業省は、再生可能エネルギー固定価格買取制度施行から1年を機に、再生可能エネルギーの普及に向けた国民的運動の喚起を目指す「GREEN POWER(グリーン・パワー)プロジェクト」を開始する。

同プロジェクトは、「日本を、グリーンの力でうごかそう。」をコンセプトに、同制度への理解を深めるとともに、再生可能エネルギーの普及をさらに加速させるべく、官民連携で進めていく活動。

GREEN POWERで、市場をリードする再エネの「サプライヤー(つくり手)」と「バイヤー(買い手)」を後押しし、日本の新しいグリーン産業の創出を目指す。ママやキッズ、地域コミュニティ等のサプライヤーに対しては、以下5つのキーアクティビティを展開する。

【1】エネママカフェ(対象:ママ)

簡易型太陽光発電機をデコレーションするワークショップを開催
開催地域:全国各地で開催 展開時期:2013年9月~2014年3月
実施パートナー:特定非営利活動法人チルドリン

【2】親と子の「こどもエネルギークイズ選手権」(対象:キッズ)

自然エネルギーに関する知識をクイズ形式で学ぶイベント
開催地域:全国7カ所のイオン 展開時期:2013年9月~12月
実施パートナー:株式会社アイエヌジー

【3】GREEN POWER BOOK(対象:学校)

自然エネルギーをテーマとした教材(ビジュアルブック)を作成
開催地域:全国各地の学校 展開時期:2013年10月~2014年3月
実施パートナー:一般社団法人 Think the Earth

【4】わたしたち電力(対象:地域コミュニティ)

太陽光パネルを組み立てるワークショップを開催
開催地域:全国各地で開催 展開時期:2013年8月~2014年3月
実施パートナー:特定非営利活動法人グリーンズ

【5】まちエネ大学(対象:地域コミュニティ)

短期ビジネススクールを開催し、プレゼンテーションイベントを通じてグリーンビジネスの発掘を行う
開催地域:全国5カ所で開催 展開時期:2013年10月~2014年3月
実施パートナー:株式会社TREE

バイヤーに対しては、固定価格買取制度をフルに活用しながら、グリーンな電力のビジネス化に向けた後押しとなる取り組みを展開。官民連携で取り組むことにより、グリーンな消費と投資を喚起していく。

各キーアクティビティをつなぐ役割や、グリーンエネルギーを体感する独自イベントの展開などは、特定非営利活動法人ビーグッドカフェ、よしもとクリエイティブエージェンシー、新エネルギー財団、石井幹子デザイン事務所が協力。また、イオン、大阪ガス、大和ハウス工業、東京ガス東芝、トヨタ自動車、パナソニック、三井不動産などは会場提供、プロジェクトへの参画などで協力する。

【参考】
経済産業省 -
日本を、グリーンの力でうごかそう。 -『GREEN POWER プロジェクト』を始動 (PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.