北海道の大規模蓄電システム、住友電工が受注 世界最大級・6万kWh

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

北海道電力と住友電気工業は共同で、南早来変電所に世界最大級の大型蓄電池(レドックスフロー電池、6万kWh)を設置し、風力太陽光発電の出力変動に対する調整力の性能を検証する事業を開始する。また、東北電力は、西仙台変電所に大型蓄電池(リチウムイオン電池、2万kWh)を設置し、風力や太陽光発電の出力変動に対する周波数調整力としての性能を検証する事業を開始する。大型蓄電池を系統に導入する事業は日本で初めての取り組みとなる。

経済産業省は、平成24年度大型蓄電システム緊急実証事業の公募を実施し、北海道電力と住友電気工業、東北電力を補助事業者として採択したと発表した。前述の事業は、今回の採択を受けて、それぞれが実施するもの。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報