> > 徳島県の農村に寄付型ソーラー発電所 寄付者には地元の野菜をプレゼント

徳島県の農村に寄付型ソーラー発電所 寄付者には地元の野菜をプレゼント

記事を保存
徳島県の農村に寄付型ソーラー発電所 寄付者には地元の野菜をプレゼント

一般社団法人 徳島地域エネルギー(徳島県)は、高齢化・過疎化が続く徳島県名東郡佐那河内村に太陽光発電所「佐那河内みつばちソーラー発電所」を建設するため、個人からの寄付金の募集を開始した。

同発電所の出力は120kW、年間発電所は12万5,000kWh、CO2削減量は3万9,000kg(一般家庭35件分の消費電力に相当)。10月1日から工事を行い、2014年1月15日頃発電を開始する予定。寄付金額は1口1万円。募集期間は9月30日まで。寄付金目標額は300万円で、立ち上がりの事業資金に充てられる。

寄付した人に対しては、順調に発電できた場合、お礼として佐那河内で生産された農産物を送る(発電開始2年目以降に計5回程度)。また、発電実績に応じて、売電益により農業支援、環境保全など地域の直接支援を行う。

【参考】
徳島地域エネルギー - 佐那河内みつばちソーラー発電所について(PDF)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.