> > 北九州市の湾岸で「エネ・シード響南太陽光発電所」運用開始

北九州市の湾岸で「エネ・シード響南太陽光発電所」運用開始

記事を保存
北九州市の湾岸で「エネ・シード響南太陽光発電所」運用開始

西部ガスグループのエネ・シードネクストは、7月31日から、北九州市若松区響南町において建設を進めていた「エネ・シード響南太陽光発電所(1.7MW)」の運用を開始した。

この太陽光発電所は、同グループで長崎(0.6MW)、大牟田(1.3MW)、北九州(1.8MW)に続く4カ所目の運用となり、グループ全体の太陽光発電の規模は、合計で5.4MWとなる。

エネ・シード響南太陽光発電所の概要は以下のとおり。

  • 施設名称:エネ・シード響南太陽光発電所
  • 敷地面積:約2万2千平方メートル
  • 建設期間:平成25年4月~7月
  • 発電規模:1.7MW
  • 年間発電量:164万kWh/年
    ※ 年間発電量は、一般家庭約460戸の年間電力使用量に相当
    ※ 発電した電力は全量を九州電力に売電する
  • 太陽光パネル:シャープ製 約6,900枚
  • 投資額:約4.5億円
20130807kb003.jpg

今回の建設地は、北九州市の「グリーンエネルギーポートひびき」構想により、再生可能エネルギー産業の集積地として、風力発電産業などの企業誘致をはかっている北九州港湾エリア。

西部ガスグループは、「エネルギーセキュリティ向上(分散化・多様化)」「環境負荷低減」「地域活性化」に貢献するため、再生可能エネルギーの普及に努めるとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.