> > 愛知県豊明市、小中学校の「屋根貸し」太陽光発電事業者を募集

愛知県豊明市、小中学校の「屋根貸し」太陽光発電事業者を募集

記事を保存

愛知県豊明市は、市内の小中学校12校 の「屋根貸し」により太陽光発電を実施する事業者の募集を開始した。この事業は、太陽光発電事業者に公共施設の屋根等を貸し出し、市内の再生可能エネルギーの利用を促進するとともに、災害時等における公共施設の防災機能を強化し、地域経済の活性化を図ることを目的にしたもの。

対象は、愛知県内に本社、本店、支店、営業所を置く法人。 応募事業者は、指定の屋根の中から構造上の安全性や採算性を確保できると見込まれた施設を選択し、事業計画書の提出が必要。8月20日に事業者説明会、8月20~22日に現地説明会を実施。9月2日~6日に事業計画書を受け付け、9月11日に審査会及びプレゼンテーションを実施。選考結果は9月下旬に発表予定。

審査においては、太陽光発電設備の仕様、設置工事、管理、収支見込みに加えて、停電時の電力供給方法、環境教育、市民参加の方法、地域貢献や地域経済への効果など総合的に評価する。

なお、豊明市は、「豊明市新エネルギー推進委員会」を立ち上げ、新エネ、創エネ、省エネを基本理念とした再生可能エネルギーの率先導入と効率的な整備の検討を行っており、今回、同委員会の答申により屋根貸し事業行うこととした。

【参考】
豊明市 - 豊明市太陽光発電屋根貸し事業

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.