> > 横浜市、デマンドレスポンスにSAPのソフトウェアを採用 CEMSとも連携

横浜市、デマンドレスポンスにSAPのソフトウェアを採用 CEMSとも連携

 印刷 記事を保存

アクセンチュア(東京都港区)は、「横浜市スマートシティプロジェクト(YSCP)」で行われているデマンドレスポンス夏季実証において、ビジネスソフトウェア会社のSAPの料金計算ソリューションを基盤にした料金計算システムを構築し、稼働を開始したと発表した。

YSCPでは、今夏、家庭内エネルギーマネジメントシステム(HEMS)を導入し、地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)と連携した市内約1,900世帯を対象に、夏季電力需要ピーク期に合わせてDR実証実験を実施する。このDR実証実験では、電力需要のピーク時間帯における料金を、それ以外の時間帯に比べて高くすることで電力需要の抑制を促す料金制度を導入する取り組み等を実施する。

(※全文:1,282文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.