> > ホンダ、栃木県さくら市に新テストコースと10MWのメガソーラーを建設

ホンダ、栃木県さくら市に新テストコースと10MWのメガソーラーを建設

記事を保存

ホンダは、栃木県さくら市に所有する敷地に、新たなテストコースとメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設すると発表した。

テストコース(約25ha)は、先進安全新技術の開発を目的で建設する。また、同敷地内に、10MWの発電能力を持つ太陽光発電システムを設置する。約33haの敷地に約7万枚のパネルを設置し、2015年から売電を行う予定。合わせて、環境保全のためのビオトープを整備し、地域住民へ公開することも計画している。

同社のテストコースは、既存の栃木、北海道(鷹栖)に次いで3カ所目となる。同社は、2007年に、さくら市に一周4kmの高速周回路を主とした大規模テストコースを建設する予定を発表したが、その後、2008年のリーマンショックを経て建設を延期していた。今回、自動車産業を取り巻く環境や市場ニーズなどの変化を受けてテストコースの目的および規模を変更し、2007年に計画していた規模(約230ha)の1/10程度で新コースを設置する。

同社では、安全・安心技術の開発を積極的に進めていくと同時に、地球規模の環境課題のひとつである気候変動、エネルギー問題への対応を最重要課題と位置づけ、再生可能エネルギーの普及促進を図り、環境負荷低減に貢献していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.