> > 双日、青森県六ヶ所村など国内4カ所でメガソーラー事業に参入 350億円を投資

双日、青森県六ヶ所村など国内4カ所でメガソーラー事業に参入 350億円を投資

記事を保存
双日、青森県六ヶ所村など国内4カ所でメガソーラー事業に参入 350億円を投資

双日は、青森県上北郡六ヶ所村をはじめ、北海道斜里郡小清水町、愛知県知多郡美浜町、熊本県球磨郡錦町の国内4カ所で、メガソーラー(大規模太陽光発電)事業に参入する。プロジェクト総事業費は約350億円で、パネル容量は合計106MW。

事業ごとにプロジェクト・ファイナンスによる調達を予定しており、同社の100%出資にて設立する各事業会社が運営を担う。

青森県上北郡六ヶ所村に建設するメガソーラーは、パネル容量71MWで、東日本で最大規模となる。本施設は、新むつ小川原の保有する、むつ小川原開発地区内の土地に約27万枚の太陽電池モジュールを設置するもので、その年間発電量は約19,000世帯分の電力消費量に相当する。着工は2014年4月、運転開始は2016年末を予定しており、発電した電力は全量を東北電力に売電する。

北海道小清水町には約9MWの発電所を建設する。完工予定は2014年11月。愛知県美浜町には約13MW、熊本県錦町には約13MWの発電所を建設する。

双日は、ドイツで太陽光発電事業(合計発電容量24MW)を展開している。今回の国内メガソーラー事業を加えることで、再生可能エネルギー発電事業の基盤構築を目指すとともに、事業開発・運営のノウハウを蓄積していく。今後とも国内外の再生可能エネルギー発電事業を積極的に推進していく考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.