> > 「スマートマンション評価制度」開始 ECHONET Liteでの制御などが条件に

「スマートマンション評価制度」開始 ECHONET Liteでの制御などが条件に

記事を保存
「スマートマンション評価制度」開始 ECHONET Liteでの制御などが条件に

経済産業省は、スマートマンションのさらなる普及推進に向けて、「スマートマンション評価制度」を開始する。同省の「スマートマンション導入加速化推進事業」において認定されたスマートマンションに対して、各物件の取り組みの先進性を評価するとともに、ブランド化を図り、住まい選びの選択肢の一つとするため、スマートマンションの設備、サービスを5つの項目に分け、各項目について導入・実施されているかどうかを評価する。

具体的には、「エネマネ」「DR(デマンドレスポンス)」「独自の電気料金メニュー」「創蓄連携」「家電制御」の5項目で評価する。「エネマネ」は、MEMS(マンションエネルギー管理システム)を導入し、エネルギー管理支援サービスを受けているかどうか。「DR」は、電力ひっ迫時などに、節電要請の知らせが届くかどうか。「独自の電気料金メニュー」は、節電行動による電気料金の削減がさらに効果的になる、独自の料金プランがあるかどうか。「創蓄連携」は、太陽光パネルや蓄電池が設置されており、緊急時、災害時の電力供給も安心かどうか。「家電制御」は、遠隔からエコーネットライトによる制御ができる家電が備わっているかどうか。

なお、同事業において、MEMS機器の導入に関する補助金の申請を行う場合、執行団体である環境共創イニシアチブ(SII)にて、2014年3月までに交付決定が可能な申請について受け付けている。

【参考】
経済産業省 - スマートマンション評価制度を立ち上げます

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.