> > 大宮アルディージャ、ホーム2試合をグリーン電力購入によりカーボンオフセット

大宮アルディージャ、ホーム2試合をグリーン電力購入によりカーボンオフセット

記事を保存

Jリーグに加盟するプロサッカークラブ 大宮アルディージャは、ホームスタジアムで行われる「J1第22節 柏レイソル戦(8月24日)」「J1第24節 横浜F・マリノス戦(8月31日)」の2試合を対象に、グリーン電力購入による「カーボンオフセット運動」を実施する。

2試合合計で、グリーン電力購入量は9,000kWh、カーボン・オフセット(CO2削減量)は4,167kg。今回購入するグリーン電力は、太陽光発電所ネットワークが発行するグリーン電力証書を購入し、埼玉県内で発電された住宅用の太陽光発電を利用する。

なお、大宮アルディージャは、エコクラブとしてホームゲームでの「エコスタジアム」を推進し、その一環として2008年シーズンより毎年グリーン電力による「カーボンオフセット運動」を実施している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.