> > 高知県、黒潮町で官民協働型太陽光発電事業 パートナー事業者を募集

高知県、黒潮町で官民協働型太陽光発電事業 パートナー事業者を募集

記事を保存
高知県、黒潮町で官民協働型太陽光発電事業 パートナー事業者を募集

高知県は、黒潮町において太陽光発電事業を実施するにあたり、発電事業会社の設立運営及び発電事業の実施に携わるパートナー事業者を公募型プロポーザル方式により募集すると発表した。

本事業の公募に関する説明会を9月5日(木)に開催する。説明会終了後、現地にて説明を行う。説明会への参加申込締切は9月4日(水)13時。

高知県では、再生可能エネルギーの導入促進と、地域資源活用のメリットを最大限地域に還流させることを目的に、県、市町村及び民間事業者の共同出資による発電事業会社を設立し、発電事業を行う「こうち型地域還流再エネ事業スキーム」を進めている。本事業は、本スキームを活用した、「高知県・黒潮町地域還流太陽光発電事業」として実施する。

こうち型地域還流再エネ事業スキーム

 こうち型地域還流再エネ事業スキーム(※クリックで拡大します)

募集する企画提案は、黒潮町における太陽光発電事業を実現するための発電事業会社の設立運営計画、発電事業実施計画。

本発電事業の概要は以下の通り。

(1)発電事業会社の設立

太陽光発電事業の実施にあたっては、県、黒潮町及びパートナー事業者の共同出資による発電事業会社(株式会社)を設立する。

(2)発電設備設置場所

場所:黒潮町入野字長池奥谷ほか
 面積:約7,000平方メートル

※現地視察自由。ただし、近隣の居住者及び農業者等に迷惑がかからないよう配慮すること。

(3)発電設備の出力規模

土地の状況及び採算性を考慮し提案すること。

(4)事業期間

国による再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づく事業期間(20年間)を原則とする。

 

また、以下の条件等をあげる。

(1)買取価格

メガソーラー発電事業の買取価格は、固定価格買取制度の平成25年度価格の適用を受けること。

(2)県、黒潮町及びパートナー事業者の出資額、出資割合

県:出資額12,784千円(上限)
 黒潮町:出資額12,784千円(上限)※県と黒潮町の出資割合は50%以上
 パートナー事業者:提案による。但し、12,784千円以上、25,568千円未満の額、出資割合50%未満

(3)土地の使用料

年50円/平方メートル

プロポーザルに参加したい事業者は、9月17日(火)17時までに参加申込みを行う。企画提案書の提出締切は10月1日(火)17時。10月中旬に審査委員会、10月下旬に審査結果通知、11月に協定を締結する予定。

【参考】
高知県 - 高知県・黒潮町地域還流太陽光発電事業について公募型プロポーザル方式による企画提案の募集を下記のとおり行います。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.