> > ユーラスエナジーHD、青森県に115MWのメガソーラー 国内最大規模

ユーラスエナジーHD、青森県に115MWのメガソーラー 国内最大規模

記事を保存
ユーラスエナジーHD、青森県に115MWのメガソーラー 国内最大規模

豊田通商と東京電力が共同出資する風力発電国内最大手のユーラスエナジーホールディングス(東京都港区)は、青森県六ヶ所村で国内最大規模となるメガソーラーの建設に着手すると発表した。総出力は11万5,000kW(交流)、14万8,000kW(直流)。営業運転開始は2015年11月を予定している。

発電所名は「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」。この施設はむつ小川原開発地区内の2つの地区(鷹架地区、千歳平北地区)に、東京ドーム約50個分に相当する253ヘクタールの土地を利用し、約51万枚の太陽光パネルを設置するもの。モジュールはシリコン系単結晶太陽電池三菱電機社製、サンパワー社製)を使用する。本施設の運転開始後は、一般家庭の約3万8,000世帯相当分の電力を供給するとともに、年間約7万トンのCO2の削減効果が見込まれている。

「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」鷹架地区

「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」鷹架地区

同社は、豊田通商が60%、東京電力が40%出資する共同出資会社。同社グループはグローバルに風力と太陽光発電事業を推進しており、風力発電では国内最大手、世界でも有数の風力発電事業者として位置付けられている。今回の六ヶ所でのメガソーラーに着手することにより、太陽光発電に関しても国内トップクラスの事業者となる。同社は今後とも、「クリーンエネルギーの普及・拡大を通じ、地球環境保全の一翼を担う」という企業理念に基づき、さらなる事業展開を進めていく考えだ。

「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」千歳平北地区

「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」千歳平北地区

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.