> > NEDOの二次電池ロードマップが発表 2020年には約2万円/kWh以下を目指す

NEDOの二次電池ロードマップが発表 2020年には約2万円/kWh以下を目指す

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、自動車用及び定置用二次電池の市場拡大のための指針「NEDO二次電池技術開発ロードマップ2013」を策定した。

市場の拡大が見込まれる「定置用二次電池」については、用途別にコスト及び寿命目標を明確に設定、「自動車用二次電池」については、最新の情報をもとに性能やコストなどの目標を更新、「電池材料マップ」については、新たな材料の追加や材料特性データの更新を行い、大幅に改訂された。策定のポイントは、以下の通り。

【1】市場拡大が予測される「定置用二次電池」の内容を充実

「定置用二次電池」について、用途ごとにコストと寿命目標を定めるとともに、種々の二次電池の特長や技術課題を記載した新たなロードマップを策定し、今後の技術開発の方向性を明確にした。

(※全文:1,011文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.