> > モンゴルの植物工場に日本の生産管理システムが導入 JICAの開発案件で

モンゴルの植物工場に日本の生産管理システムが導入 JICAの開発案件で

 印刷 記事を保存

AgriScience(長野県小諸市)は、ビジネスパートナーのこもろ布引いちご園(長野県小諸市)が参画する国際協力機構(JICA)のモンゴルでの植物工場建設プロジェクトにおいて、その植物工場に栽培設備や生産管理システムの提供を行うと発表した。本件について、同社は、共同プロジェクト契約をこもろ布引いちご園と8月28日に締結した。

植物工場は、人工的に高度な環境制御を行うことにより、野菜等を周年・計画生産する施設園芸農業の形態のひとつ。AgriScienceは植物工場に特化したシステムサービス企業。こもろ布引いちご園は15年に渡る植物工場経験と高い水耕栽培技術を有する。

(※全文:1,463文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.