> > 日産、リーフを各都道府県の道の駅に無償提供 電力供給システムも

日産、リーフを各都道府県の道の駅に無償提供 電力供給システムも

 印刷 記事を保存

日産自動車、全国47各都道府県の道の駅に、日産リーフ47台と電力供給システム「LEAF to Home」47基を提供する取り組みを9月より開始する。各都道府県の少なくとも1カ所の道の駅に、日産リーフ1台と「LEAF to Home」1基が無償提供され、災害時の電力供給や、地域住民の日常生活の向上に活用される。

日産リーフは、電力供給システム「LEAF to Home」を組み合わせることにより、搭載されたバッテリーに蓄えられた電力を供給でき、停電時や非常時のバックアップ電源となる。平常時は、同システムを使って夜間電力や太陽光発電による電力を日産リーフのバッテリーに蓄え、電力需要が高まる昼間の時間帯に使用することで電力負荷を平準化し、電力消費のピークシフトに貢献する。

(※全文:536文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.