> > DBJなど、サイサンの太陽光発電事業にシンジケート・ローンを組成

DBJなど、サイサンの太陽光発電事業にシンジケート・ローンを組成

 印刷 記事を保存

日本政策投資銀行(DBJ)と武蔵野銀行(埼玉県さいたま市)は、LPガス流通会社のサイサン(埼玉県さいたま市)が行う太陽光発電事業に対し、総額50億円のシンジケート・ローン(協調融資)を組成したと発表した。

DBJと武蔵野銀行は、地域金融機関と協調しサイサンの全国規模の太陽光発電事業をサポートする。本件対象事業は、サイサン、および再生可能エネルギー発電事業者の森和エナジー(東京都千代田区)が、全国6サイト(青森県六ヶ所村・埼玉県寄居町・山口県防府市・福岡県宗像市、他2サイト)において実施する太陽光発電事業であり、総設備容量は約15MWとなる見込み。

(※全文:2,656文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.