> > ソニー、さいたま市内の小中高152校に太陽光発電・蓄電システムを設置

ソニー、さいたま市内の小中高152校に太陽光発電・蓄電システムを設置

 印刷 記事を保存

ソニービジネスソリューション(東京都)は、埼玉県さいたま市内の小中高校における太陽光発電システム及びリチウムイオン電池を核とした蓄電システムの設置案件に対して提案を行い、この度、最優秀提案者に選定され仮契約を締結した。

さいたま市立学校太陽光発電設備

今回提案された「太陽光発電システム」は、高出力250W高効率の太陽光パネルにより専有面積を抑え、軽量化と耐震性を実現。「蓄電システム」は、ソニーが開発したオリビン型リン酸鉄リチウムイオン電池を使用した系統連系型の新システムを採用。両者の効率的な連携運転により、高い安全性と長寿命を実現するとともに、維持コストを抑えることのできるシステムとなっている。平成25~27年度に、さいたま市内152校に設置される予定。

具体的な特長は、以下の通り。

(※全文:840文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.