> > オリックス、小売業店舗や製造業倉庫から「屋根借り」で太陽光発電

オリックス、小売業店舗や製造業倉庫から「屋根借り」で太陽光発電

記事を保存
オリックス、小売業店舗や製造業倉庫から「屋根借り」で太陽光発電

オリックスは、PLANT(福井県)が運営する大型商業施設2店舗の屋根貸しを受け、合計最大出力2,741kWの太陽光発電事業を実施する。また、小野建(大分県)福岡支店の倉庫屋根を活用して建設を進めていた最大出力1,300kWの太陽光発電所の運転を開始した。

今回、太陽光発電実施するPLANT店舗は、PLANT-5大玉店(福島県)、PLANT-5境港店(鳥取市)。大玉店は、出力1,657kW、屋根面積20,179平方メートル、年間予想発電量1,513,000kWh、9月に着工し、2014年3月運転開始予定。境港店は、出力1,084kW、屋根面積19,350平方メートル、年間予想発電量1,118,000kWh、9月に着工し、2014年1月運転開始予定。PLANTは、北陸地方を中心に食料品や衣料品など日常生活用品を取り扱う総合ディスカウントストアを21店舗展開する小売事業者。

また、小野建福岡支店における太陽光発電事業は、出力1,300kW、屋根面積23,744平方メートル、年間予想発電量1,348,400kWhで、8月に運転を開始している。発電した電力は九州電力に売電する。小野建は、全国で鉄鋼・建材商品の加工および販売を手掛ける企業。

3カ所とも屋根が強固で広い平屋根が太陽光発電事業に適していたこと、また、再生可能エネルギーの普及促進に繋がる環境に配慮した取り組みという観点から、今回の事業に至った。

屋根設置型太陽光発電は、顧客所有の工場や倉庫などの屋根をオリックスが賃借し、太陽光発電システムを設置して発電する事業。同社は、自治体や企業の遊休地を賃借する大規模太陽光発電事業のみならず、顧客の所有する施設を最大限活用することで、効率的な発電を実現する。一方、顧客は資産の有効活用ができることに加え、太陽光パネルの遮熱効果により施設内空調の効率を改善することができる。

オリックスは、2013年3月期から3年間で、土地を活用するメガソーラー事業で合計最大出力300MWの発電所の開発を、屋根設置型太陽光発電事業で合計最大出力100MWの設置を目指し、積極的に事業を展開する方針。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.