> > 新型無線制御ユニット 各社LED照明の無線コントロールを実現

新型無線制御ユニット 各社LED照明の無線コントロールを実現

記事を保存
新型無線制御ユニット 各社LED照明の無線コントロールを実現

次世代型のLED照明システムを展開するNetLED(ネット・エルイーディー/東京都)は、世界で初めて実用化したクラウド型無線照明制御「NetLEDシステム」における無線制御ユニット「NetLEDエンジン:NLE002」を新開発し、「NetLEDアライアンス」として自社製品に限らず世界中のLED照明メーカーに向け、NetLEDシステムも含めOEM供給を始める。

「NetLEDエンジン:NLE002」は、照明やセンサー等に組込み、調光制御、調色制御やデータ通信をゲートウェイと双方向で行う小型のユニット基板。照明制御やセンサー制御に特化したデータ構造のIEEE802.15.4準拠オリジナルスタック「NetLED-Stack™」により、Zigbeeと同等のマルチホップや通信経路の自己修復機能を持ち、Wi-Fi版と比較して制御範囲の広範囲化、制御の高度化を図った。また、照明機器に組み込む場合では、調光制御(1PWM)から調色制御(4PWM)まで対応。さらに、低価格・小型化も実現した。

この新型エンジン:NLE-002の採用に伴い、「NetLEDシステム」も大幅改良。従来から持つ機能「スケジュール機能」「タイマー機能」「グルーピング機能」「個別制御(一本単位)機能」「シーン・プリセット機能」「0%~100%無段階制御機能」「使用権限配分機能」などは、機能を損なうことなく全てにリファインした。

同システムでは、ユーザーの用途/条件にあわせ、インターネット網を活用する「クラウド版」と、ネット環境が無いところでも利用可能な「ローカル版」の2種類を用意。

クラウド版は、複数の拠点や遠隔地などの一括集中管理ができ、見える化をはじめ様々な機能活用が可能。クラウドサーバーは、世界的に最も安定しているAMAZONクラウドを採用。100万台のユニットを管理制御出来るサーバー群を構成している。また、最大10,000台以上のLED照明/センサーの個別制御が可能。

ローカル版は、インターネット環境が無い場所や、制限のかかる拠点などに利用できるよう設定されており、iPhoneやAndroid端末を使い、スケジュール設定やシーン・プリセット、グルーピング等NetLEDの基本使用が使える仕様となっている。

コントロールは、パソコンの他、iPad、iPhone、Android、など普段使いの汎用機器で行う。専用のタブレット端末や特殊機器購入など不要で、新たな出費は不要。設置に際して、施設側に調光するための調光制御盤や通信線工事など特別な機器や工事も不要で、簡単に調光システムを導入できる。また、クラウド版もローカル版も基本仕様は無料で利用できるため、導入コストが抑えられる。

急速に進むLED照明の普及に伴い、導入時のコストや設置後の変更等に課題を抱える従来型の「有線制御」に代わり、導入障壁が低く、柔軟性に富む「無線LED制御」に対する関心が高まっている。NetLEDは、世界に先駆け2012年に無線LAN(Wi-Fi)を利用して照明の調光制御を行う「NetLED照明管」と「NetLEDシステム」を発表。「NetLEDエンジン:NLE002」は、さらなる性能の向上、小型化、及び低価格化を目指して開発された。NetLEDシステムにより、同社はLED照明を調光する利用者の拡大に努め、消費電力の削減やエコロジー化に貢献していきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.