> > 東芝が風力発電事業に参入 鹿児島県・長崎県の事業を買収

東芝が風力発電事業に参入 鹿児島県・長崎県の事業を買収

記事を保存

東芝は、九州地区を中心に風力発電事業を手掛けるジャネックス(福岡県)から分割を受けた新会社「シグマパワージャネックス」(福岡県)に100%出資し、東芝グループの傘下にし、風力発電事業に参入すると発表した。新会社の買収完了は11月を予定しており、今後、同社が保有する風力発電事業に関する開発・運営ノウハウを活用して事業を展開していく。

新会社は、ジャネックス社が保有する「長島黒ノ瀬戸風力発電所」(鹿児島県)及び「新上五島ホエールズウィンドシステム」(長崎県)の2ヶ所の発電所の運営を継承し、風力発電事業を行う。現在、新長島(鹿児島県)にも発電所を建設準備中で2014年度に運転開始を予定しているほか、将来的には東北・中国・四国地区などで4か所のウィンドファームの開発を計画している。

国内の風力発電事業は、再生可能エネルギーのひとつとして、環境アセスメントなど立地面での課題があるものの、固定価格買取制度価格の確定により、今後の事業性の向上が期待されている。

同社は、風力発電について韓国ユニスン社と資本提携し、これまで風車設備の開発、製造および販売を中心とした事業を進めてきた。今回の事業推進により、再生可能エネルギーの普及に貢献するとともに、発電会社の運営を通じて得た知見を東芝の風車設備事業にフィードバックしていくことで、風車機器事業のさらなる拡大を図りたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.