シャープ、ドバイで植物工場の事業化へ 「高級」日本産イチゴを栽培

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

シャープは、アラブ首長国連邦ドバイにある同社販売会社SMEFの敷地内に、イチゴを栽培する「植物工場」の実験棟を今年7月に設置し、9月より本格的な実験を開始した。

同実験棟は、密閉された完全人工光型の植物栽培施設。LED照明を用いた光制御やプラズマクラスター技術を活用した施設内の空気管理、温度や湿度のモニタリングなど、同社が保有するエレクトロニクス技術を活用し、イチゴの生育環境をきめ細かく制御する。これにより、イチゴ栽培に必要なノウハウをデジタル化し、安定した生産と高い品質を実現する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事