電気自動車の蓄電池をHEMSに連携 名大とデンソーが共同開発・実証実験へ

  • 印刷
  • 共有
 開発するシステムの概要
 (※拡大画像はこちらをクリック)
開発するシステムの概要 (※拡大画像はこちらをクリック)

名古屋大学とデンソーは、車載蓄電池をエネルギー管理システム(EMS)に組み込むことで、家庭内の電気代の削減に寄与するシステムを開発すると発表した。本システムは、電力需要と車利用の予測モデルに基づき、電気自動車プラグインハイブリッド車に内蔵される車載蓄電池の充放電を効率的に制御する、モデル予測型エネルギー管理システムを開発するもの。

さらに、経済産業省が推進している「次世代エネルギー・社会システム実証事業」の一つである「豊田市低炭素社会システム実証プロジェクト」において、2013年10月から2014年3月にかけて本システムの実証実験を実施すると発表した。続いて、実証実験の結果を踏まえ、事業化の検討を行う。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事