> > 電気自動車の蓄電池をHEMSに連携 名大とデンソーが共同開発・実証実験へ

電気自動車の蓄電池をHEMSに連携 名大とデンソーが共同開発・実証実験へ

 印刷 記事を保存

名古屋大学とデンソーは、車載電池をエネルギー管理システム(EMS)に組み込むことで、家庭内の電気代の削減に寄与するシステムを開発すると発表した。本システムは、電力需要と車利用の予測モデルに基づき、電気自動車やプラグインハイブリッド車に内蔵される車載電池の充放電を効率的に制御する、モデル予測型エネルギー管理システムを開発するもの。

さらに、経済産業省が推進している「次世代エネルギー・社会システム実証事業」の一つである「豊田市低炭素社会システム実証プロジェクト」において、2013年10月から2014年3月にかけて本システムの実証実験を実施すると発表した。

(※全文:720文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.