> > 宮崎大とLooop、ソーラーシェアリングの研究開始 農作物への影響や経済性で

宮崎大とLooop、ソーラーシェアリングの研究開始 農作物への影響や経済性で

記事を保存

太陽光発電システムの開発・販売・設置等を行うLooop(東京都)と宮崎大学は、ソーラーシェアリング実施時の太陽光発電システムの遮光等による農作物の生育・収量に及ぼす影響と売電収入試算等を考慮した経済性に関する研究を開始した。

同共同研究の第1期(2013年10月1日~2014年3月31日)は、宮崎大学農学部を中心に、ソーラーシェアリングに適した作物や品種の選抜と栽培方法に関する研究を行い、Looopの研究チームは農地における太陽光発電システムの最適なシステム運用方法についての研究を行う。研究成果を活用し、Looopはシステム改善やソーラーシェアリングを希望する顧客への提案に役立てていく。

この共同研究に、Looopは今年11月発売予定のソーラーシェアリング向け太陽光発電システムのキット「MY発電所キット 空中型」の新製品「ソラシェア」を投入。 同キットは、10月2日~4日にインテックス大阪で開催される商談展「関西スマートコミュニティEXPO」のLooopブースで発表される。

10月3日には、同じく「関西スマートコミュニティEXPO」において、今回の共同研究について「太陽光設備を利用した農業の活性化について(仮)」と題した説明会が開催される。ソーラーカルチャー社長 松岡顕氏による講演「次世代農業のためのソーラーシェアリングデザイン」に加えて、今回研究を行っている宮崎大学農学部の霧村雅昭助教、Looop社長の中村創一郎氏の講演が予定されている。

なお、ソーラーシェアリングは、農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備等の発電設備を設置し、農業と発電事業を同時に行うこと。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.