> > 長野県小諸市、屋根貸し太陽光発電のマッチング事業を開始

長野県小諸市、屋根貸し太陽光発電のマッチング事業を開始

記事を保存

長野県小諸市は、「小諸市屋根貸しマッチング事業」を平成25年10月1日より開始した。

同市は太陽光発電のための公共施設の屋根貸し事業に取り組んでおり、このビジネスモデルの民間施設への普及を図るため、「屋根貸し」希望施設と発電事業者の情報を市のホームページに掲載し、屋根貸し事業の促進を図りたいとしている。

屋根貸しを希望する施設は、約20年継続して賃貸できる民間施設であること、耐震補強工事が施工されていること、日照条件が良好で、太陽光発電に利用できる屋根の面積が100平方メートル以上であること、などが条件となっている。

一方、発電業者に対する条件は、主に安定して健全な財政能力を有する法人としている。

同市の公共施設における屋根貸し事業の公募では、現在6施設での太陽光発電が予定されており、今年度中の発電をスタートさせる見通し。再生可能エネルギーの固定価格買取制度を積極的に活用し、太陽光発電設備の普及を促進したいとしている。

【参考】
小諸市 - 「小諸市屋根貸しマッチング事業」を開始します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.