> > NICT開発の国際無線通信規格「Wi-SUN」、東電のスマートメーター標準規格に採用

NICT開発の国際無線通信規格「Wi-SUN」、東電のスマートメーター標準規格に採用

記事を保存
NICT開発の国際無線通信規格「Wi-SUN」、東電のスマートメーター標準規格に採用

情報通信研究機構(NICT)が主導的に研究開発・標準化推進を行ってきた国際無線通信規格「Wi-SUN」が、東京電力が整備予定の次世代電力量計「スマートメーター」用無線通信方式として採用された。東電が9月30日に明らかにした。NICTは今後の展望等について発表した。

今後、この「Wi-SUN」規格が、スマートメーターと宅内エネルギー管理システムとの間(いわゆるBルート)のエネルギー管理アプリケーション用国際標準通信規格「ECHONET Lite」に対応した通信方式として各種無線機器に組み込まれ、企業や家庭内の効率的なエネルギー管理に利用されることになる。

今回の「Wi-SUN」規格の採用に合わせ、NICTでは、規格適合性及び相互接続性試験用測定器の開発を民間測定器ベンダと行う。さらに、相互接続性や互換性や検証を行う相互接続試験を積極的に主催、参加し、今後もこの「Wi-SUN」規格を安定して動作させるための活動を積極的に推進することで、企業や家庭内の効率的なエネルギー管理の実現に貢献していく考えだ。

本策定の重要な諮問機関であり、スマートコミュニティインフラの国内及び国際的な普及を進めているスマートコミュニティアライアンス(JSCA) スマートハウス・ビル標準・事業促進検討会HEMS-TFでの審議においては、

  1. 設置するスマートメーターにあらかじめBルート対応を実現すること
  2. 公知で標準的な通信方式を採用すること
  3. 相互接続性を確保すること

などが挙げられているが、「Wi-SUN」規格は、国際標準規格IEEE802.15.4g/4e 及び IPv6にも対応し、無線機器間の相互接続性が高く、暗号化、認証方式も十分検討されたものになっている。

スマートハウス・ビルにおいては、宅内エネルギー管理システムと次世代電力量計「スマートメーター」や電気機器が通信することにより、エネルギー管理・制御を行う。このエネルギー管理アプリケーション用国際標準通信規格として、エコーネットコンソーシアムが策定した「ECHONET Lite規格」がある。しかし、この規格は、セッション層・プレゼンテーション層・アプリケーション層に関する通信規格であり、トランスポート層・ネットワーク層・データリンク層・物理層といったいわゆる下位層と呼ばれる実通信に係る方式は規定されていなかった。

そこで、NICTは、この下位層に係る無線機の研究開発を行うとともに、その成果の国際規格化、普及を目指して活動を行ってきた。2012年1月には、IEEE802.15.4g規格をベースにした相互接続を有する無線通信規格の策定、普及を目的とした業界団体「Wi-SUNアライアンス」を設立(2013年9月現在、国内外35社加盟)。「ECHONET Lite規格」のアプリケーションに対応した国際無線標準通信規格「Wi-SUN」を策定。この「Wi-SUN」規格は、一般社団法人 情報通信技術委員会(TTC)においてECHONET Lite向け下位層通信インタフェース規格JJ-300.10としても採択されている。

同年3月に下位層に係る「無線機」の研究開発を実施、小型・省電力無線機の開発に成功。同年5月に開発した無線機の通信仕様を、米国企業4社との連携により、スマートメーター用無線国際規格IEEE802.15.4gとして標準化。2013年5月にECHONET Lite 及び Wi-SUN規格搭載の「無線機」の開発に成功している。

【参考】
NICT - NICT開発の無線通信規格「Wi-SUN」、スマートメーター標準規格に採用

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.