> > JFEエンジ、昭和シェル石油より川崎の49MWバイオマス発電プラントを受注

JFEエンジ、昭和シェル石油より川崎の49MWバイオマス発電プラントを受注

記事を保存
JFEエンジ、昭和シェル石油より川崎の49MWバイオマス発電プラントを受注

JFEエンジニアリングは、昭和シェル石油が川崎市川崎区の旧京浜製油所扇町工場跡地で計画しているバイオマス発電プラントのEPC(設計・調達・建設)業務を受注した。同社は本事業で循環流動層ボイラを建設し、2015年12月の稼動開始を目指す。

昭和シェル石油が新たに計画しているバイオマス発電プラントは、このプラントは木質ペレットやパームヤシ殻(PKS)を燃料として発電を行うもので、発電規模は49MW、年間発電量は約30万MWh(一般家庭の約83,000世帯の年間消費量に相当)で、国内最大級のバイオマス発電となる。発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取制度により全量売電される予定。

JFEエンジニアリングは、昭和シェル石油の本発電事業計画に対し、循環流動層(Circulating Fluidized Bed:CFB)ボイラ発電システムによるバイオマス発電を提案してきた。今回、昭和シェル石油のバイオマス発電の事業化決定にあたり、同社プラントが、同規模の発電システムの中で最も高効率で経済的であることや川崎市の厳しい環境規制に対応できる点などが評価され、今回の受注に至った。

循環流動層ボイラ(CFB)は、燃料と流動媒体を高速の燃焼空気によって混合、流動化させながら燃焼を行なうシステム。従来型の発電用ボイラが高品位炭や油・ガス等の化石燃料にしか対応できないのに対し、同社のCFBは、低品位炭やバイオマス、スラッジ、木屑の他、廃プラスチックや廃タイヤに代表される産業廃棄物など幅広い燃料に適応し、資源循環型社会のニーズに対応する。

同社はこれまでに、国内で初めて木質チップやPKS専焼のCFBボイラを建設しており、また建設廃材、廃プラスチック、タイヤチップなど多様な燃料を混焼するCFBボイラの建設実績も数多く有する。同社はこうした実績に基づく技術・ノウハウを活かし、本発電プラントの建設を進めていく。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の施行から1年が経過し、全国各地でバイオマス発電プラントのニーズが高まりをみせている。同社はこれらのニーズに応えるべく、今後も最先端の技術を提案していくとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.