> > JFEエンジ、昭和シェル石油より川崎の49MWバイオマス発電プラントを受注

JFEエンジ、昭和シェル石油より川崎の49MWバイオマス発電プラントを受注

 印刷 記事を保存

JFEエンジニアリングは、昭和シェル石油が川崎市川崎区の旧京浜製油所扇町工場跡地で計画しているバイオマス発電プラントのEPC(設計・調達・建設)業務を受注した。同社は本事業で循環流動層ボイラを建設し、2015年12月の稼動開始を目指す。

昭和シェル石油が新たに計画しているバイオマス発電プラントは、このプラントは木質ペレットやパームヤシ殻(PKS)を燃料として発電を行うもので、発電規模は49MW、年間発電量は約30万MWh(一般家庭の約83,000世帯の年間消費量に相当)で、国内最大級のバイオマス発電となる。発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取制度により全量売電される予定。

(※全文:899文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.