> > 滋賀県 屋根貸しによる太陽光発電事業の事業者を募集

滋賀県 屋根貸しによる太陽光発電事業の事業者を募集

記事を保存

滋賀県では、県有施設の屋根貸しによる太陽光発電事業で、県内の事業者を、公募型プロポーザル方式により募っている。

対象となる施設は、瀬田工業高等学校(大津市)の情報電子科実習棟、八幡工業高等学校(近江八幡市)の情報電子科家庭科実習棟の二つ。事業期間は20年の予定。

現地説明会は10月15日(火)に予定されており、21日までの質問書の受付期間を経て、11月1日(金)から7日(木)までが企画提案書の受付期間となる。11月下旬には候補者が決定する。

事業者選定の評価項目と配点は、候補者の運営能力を問う「事業遂行」に20点、事業計画内容の現実性や収支などに焦点をあてた「事業計画」に40点、非常用電源の確保や県内業者の活用を重視した「地域貢献」に40点となっている。

滋賀県は、「滋賀県低炭素社会づくり推進計画(平成24年3月)」および「滋賀県再生可能エネルギー振興戦略プラン(平成25年3月)」に基づき、太陽光発電の導入促進を図っている。

【参考】
滋賀県 - 県有施設の屋根貸しによる太陽光発電事業の事業者を募集します

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.