> > 東芝など、フランスで太陽光発電を活用したEVカーシェアリングの実証を開始

東芝など、フランスで太陽光発電を活用したEVカーシェアリングの実証を開始

記事を保存
東芝など、フランスで太陽光発電を活用したEVカーシェアリングの実証を開始

東芝及び東芝ソリューション(東芝グループ)は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が行う「フランス・リヨン再開発地域におけるスマートコミュニティ実証事業」の一環として、太陽光発電(PV)を活用した電気自動車(EV)充電管理システムを含むEVカーシェアリングシステムを構築し、地元企業による運用を開始した。

同実証は、フランスのリヨン市で、交通渋滞や駐車場不足の解消と、低炭素化を実現する次世代の交通システムの構築を目的としたもの。実証期間は2015年12月までの2年間。実証地区内6カ所のステーションに、三菱自動車製の「i-MiEV」15台、PSAプジョーシトロエン製のEV15台の合計30台のEVと普通充電スタンド、CHAdeMO方式の急速充電スタンド3台を配置。欧州の大手交通サービス企業がカーシェアリングのシステムを活用した商用サービスを展開する。

この中で、東芝グループは、太陽光発電量予測システムや充電スケジュール最適化システムなど、EVのエネルギー源として再生可能エネルギーを最大限に有効活用するシステムの構築・運用を行う。具体的には、天気予報などの情報から発電量を予測し、さらにEVシェアリングの予約状況や電力系統の情報から、ユーザーへのEV割り当て、各EVの充電スケジュールを最適制御する。

太陽光発電をはじめとする多くの再生可能エネルギーの発電量は気象条件に左右され、大量導入された際には電力系統への影響が課題となっている。また、カーシェアリングサービスとの連動は、その利用状況の変動などから、最適な充電システムの管理が求められている。東芝グループは、商用ベースでの運用を行うことで、再生可能エネルギーとの共存を図った交通システムの有効性を検証していく。

NEDOは、リヨン市と共同で、同市のスマートコミュニティの実証プロジェクトを展開している。今回の実証では、EVとPVと連携した充電インフラを用いて、PVの発電電力を電力系統に負荷をかけずに効率的にEVに充電することにより、CO2削減に寄与できる先進的なスマートコミュニティ技術を実証する。法人ユーザーだけでなく個人ユーザーも含めて幅広くユーザーを募り、市民参加型のEVカーシェアリングを展開する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.