> > 大和ハウスグループ、関空の土砂採取跡地に20MWのメガソーラー建設

大和ハウスグループ、関空の土砂採取跡地に20MWのメガソーラー建設

 印刷 記事を保存

大和ハウス工業と大和リース、ダイワサービスは、和歌山市加太の関西国際空港土砂採取事業跡地において、大和ハウスグループ最大の総出力約20MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設すると発表した。2016年4月より発電を開始する予定。

メガソーラーの名称は、「DREAM Solar(ドリームソーラー)和歌山市加太」。初期投資額は約60億円、維持運営投資額は約55億円。敷地面積は約358,000平方メートルで、甲子園球場の約9倍の面積に相当する。2016年4月(予定)より、発電した電力を関西電力株式会社に全量売電する。年間予定発電電力量は約2,110万kWhで、約4,457世帯分の電力量に相当する。年間売電売上は約7億6,000万円を見込む。

大和ハウスグループは、10月15日に和歌山市と事業協定書を締結し、2016年より20年間の運営管理を行う。建設から運営まで大和ハウスグループが行うことで、再生可能エネルギー事業のワンストップサービスを提供する。

(※全文:1,117文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.