> > 昭和電工、中国でアルミ電解コンデンサー向け高純度アルミ箔を量産

昭和電工、中国でアルミ電解コンデンサー向け高純度アルミ箔を量産

記事を保存
昭和電工、中国でアルミ電解コンデンサー向け高純度アルミ箔を量産

昭和電工は、中国南通市において、アルミ電解コンデンサー向け高純度アルミ箔の量産を開始する。アルミ電解コンデンサーは幅広い用途で使用されており、今後は中国を中心に、エコカー太陽光発電パワーコンディショナー向けでの需要伸長が見込まれている。

同社は、現地法人「昭和電工アルミ(南通)有限公司」を2011年11月に設立し、高純度アルミ箔の工場の建設を進めてきた。このほど建設を完了し、10月11日に竣工式を開催した。10月中に量産を開始する予定。

アルミ電解コンデンサー向け高純度アルミ箔は、食品包装等で使用されるアルミ箔とは異なり、99.9%以上の高純度アルミを圧延したもの。同社では堺事業所(大阪府堺市)で、アルミの精製から圧延、製品化を一貫して行っているが、今回竣工した中国工場では、堺事業所から供給される中間製品の最終加工を行うことにより、中国各地のユーザーへ高品質な高純度アルミ箔をタイムリーに提供する。

アルミ電解コンデンサーは、家電製品からIT機器、電気自動車やハイブリッド車、風力や太陽光発電などの新エネルギー分野まで幅広く使用されている。アルミ電解コンデンサーは、新興国で市場が拡大しており、2015年まで年率約10%の伸長が予想されている。同社グループは高品質の高純度アルミ箔を安定供給することにより、国内のみならず、中国をはじめとするアジアでの事業拡大を進めていく考えだ。

昭和電工アルミ(南通)有限公司の所在地は中国江蘇省南通市経済技術開発区。資本金は15億円。昭和電工が100%出資する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.