> > 日立アプライアンス、住宅用パワコンに多数台連系時の単独運転防止機能を搭載

日立アプライアンス、住宅用パワコンに多数台連系時の単独運転防止機能を搭載

 印刷 記事を保存

日立アプライアンスは、住宅用太陽光発電システムを構成する主要機器となるパワーコンディショナーの新製品2機種を発売する。新製品では単独運転防止機能を新たに採用することで、事前試験を不要とし、より迅速なシステムの導入に対応する。

新製品として、HSS-P55BH(定格出力5.5kW)を11月20日から、HSS-P40BH(定格出力4.0kW)を12月20日からそれぞれ発売する。価格(税込)はHSS-P55BHが40万95,00円、HSS-P40BHが29万4,000円。

同社の従来製品では、太陽光発電システムの設置前に実施する電力会社との連系協議の際、近隣区域で太陽光発電システムが多数設置されていて、同一の柱上変圧器を使用するエリア内において、多数のパワーコンディショナーを連系した状態(多数台連系)となる場合には、事前試験を求められる場合があった。

(※全文:945文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.