> > 遺伝子組換えイチゴからイヌの歯肉炎の薬 植物工場で医薬品も生産可能に

遺伝子組換えイチゴからイヌの歯肉炎の薬 植物工場で医薬品も生産可能に

 印刷 記事を保存

産業技術総合研究所は、ホクサンと北里研究所(現北里第一三共ワクチン)と共同で、イヌインターフェロンαを産生する遺伝子組換えイチゴの果実を原料としたイヌの歯肉炎軽減剤を開発し、動物用医薬品製造販売の認可を受けた。完全密閉型の遺伝子組換え植物工場「産総研植物工場」を利用することで、世界に先駆けて遺伝子組換え植物を原料とした動物用医薬品の開発に成功し、同工場が植物による医薬品生産のプラットフォームとなりうることを実証した。

産総研では、植物の遺伝子組換え技術を利用して、植物に付加価値の高い物質、特に医薬品原材料などを作らせる研究開発を行ってきた。その過程で完全密閉型遺伝子組換え植物工場を開発し、2007年に産総研北海道センター内に設置した。

(※全文:894文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.