> > 大林組、技術研究所にスマートエネルギーシステムを構築 次世代技術を実証

大林組、技術研究所にスマートエネルギーシステムを構築 次世代技術を実証

記事を保存
大林組、技術研究所にスマートエネルギーシステムを構築 次世代技術を実証

大林組は、次世代のスマートシティを想定した技術の実証を行うため、大林組技術研究所(東京都清瀬市)に、太陽光発電システムや大型蓄電池、ビックデータを活用したEMSなどを活用したスマートエネルギーシステムを構築する。完成は2014年11月末を予定している。

今回、技術研究所に構築するスマートエネルギーシステムでは、技術研究所の通常稼働時の消費電力にほぼ匹敵する約900kWの太陽光発電システムを導入する。併せて、これらを安定かつ有効に活用するため約350kWのマイクロコンバインド発電システムと出力500kW、容量3,000kWh(通常稼働の3日分)の大型蓄電池を導入する予定。これらのマルチソース電源の最適活用により商用電力のピークを低減することで、電力負荷平準化に貢献する。

さらに、ビッグデータなどを活用した電力需給の予測とリアルタイムな電力需要の把握に基づき、時々刻々と変動する需給バランスを調整するEMS(エネルギーマネジメントシステム)を構築する。

システム構築に当たってはSCIM(Smart City Information Modeling)を導入し、EMSとリンクさせることで制御、管理の状況を「見える化」する予定。SCIMとは、コンピューター上に街を丸ごと再現し、計画段階におけるシステムの最適設計や環境シミュレーション、施工段階における不具合防止、運営段階におけるエネルギーの見える化やインフラの維持管理など、街づくりのあらゆる段階でさまざまなサービスを提供するプラットフォームをいう。

今回の実証によって、市街地再開発、大規模な工場・大学・病院など、複数の建物を有する施設で想定されるスマートシティに関わる顧客ニーズ(省エネルギー・省CO2、BCP(事業継続計画 Business Continuity Plan)など)へのソリューション技術を蓄積するとともに、システムにおけるSCIMの有効性を検証し、次世代の街づくりのプラットフォームへと展開を図っていく考えだ。

なお、本実証の中心技術であるEMSの構築では、早稲田大学先進グリッド技術研究所の林泰弘所長の協力を得て進めていく。

持続可能な社会の実現に向けて、現在、国内外においてスマートシティ・スマートコミュニティの開発や実証事業が多数計画・実施されている。さらに東日本大震災以降は、市民生活や経済産業活動のために、環境への影響を考慮しつつ、必要十分なエネルギーを合理的な価格で継続的に確保する「エネルギーセキュリティ」や被災地復興の観点からも、その動きは加速している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.