> > 大林組、技術研究所にスマートエネルギーシステムを構築 次世代技術を実証

大林組、技術研究所にスマートエネルギーシステムを構築 次世代技術を実証

 印刷 記事を保存

大林組は、次世代のスマートシティを想定した技術の実証を行うため、大林組技術研究所(東京都清瀬市)に、太陽光発電システムや大型蓄電池、ビックデータを活用したEMSなどを活用したスマートエネルギーシステムを構築する。完成は2014年11月末を予定している。

今回、技術研究所に構築するスマートエネルギーシステムでは、技術研究所の通常稼働時の消費電力にほぼ匹敵する約900kWの太陽光発電システムを導入する。併せて、これらを安定かつ有効に活用するため約350kWのマイクロコンバインド発電システムと出力500kW、容量3,000kWh(通常稼働の3日分)の大型蓄電池を導入する予定。これらのマルチソース電源の最適活用により商用電力のピークを低減することで、電力負荷平準化に貢献する。

さらに、ビッグデータなどを活用した電力需給の予測とリアルタイムな電力需要の把握に基づき、時々刻々と変動する需給バランスを調整するEMS(エネルギーマネジメントシステム)を構築する。

(※全文:1,063文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.