> > 滋賀県、湖南中部浄化センター敷地にメガソーラー 設置運営事業者を公募

滋賀県、湖南中部浄化センター敷地にメガソーラー 設置運営事業者を公募

記事を保存
滋賀県、湖南中部浄化センター敷地にメガソーラー 設置運営事業者を公募

滋賀県は、湖南中部浄化センター(草津市)において、メガソーラー(大規模太陽光発電施設)の設置および運営管理等を行う事業者の募集を開始する。事業者の募集はプロポーザル方式で実施する。企画提案書の受付期間は11月18日(月)~11月25日(月)。

本事業は、再生可能エネルギーの創出と地域の活性化、また県有施設の維持管理費の軽減に資するため、同県が所有する未利用地において、「矢橋帰帆島大規模太陽光発電施設」の設置・運営事業者を募集するもの。県が対象地を事業者に貸付け、事業者が太陽光発電施設の設置および運営管理を行う。対象となる土地は、同センターの敷地のうち10ha。

事業期間は、国の定める再生可能エネルギーの固定価格買取制度の期間(20年間)に太陽光発電施設の設置に要する期間および当該施設の撤去ならびに原状回復に要する期間を加えた期間となる。

設置事業者は、対象地において太陽光発電事業を実施する対価として、納付金に消費税を加算した額を、毎年度、県が指定する期日までに納入する。なお、納付金は応募者からの提案によるものとするが、単価は年間100円/平方メートル以上とし、事業期間中一定の額とする。また、設置事業者は、土地に対する固定資産税相当額、年間81円/平方メートルについて負担する。なお、固定資産税相当額は、固定資産税評価替えの時期に合わせ、3年毎に見直す。

「矢橋帰帆島大規模太陽光発電施設」対象地周辺電気系統図

「矢橋帰帆島大規模太陽光発電施設」対象地周辺電気系統図
(※画像クリックで拡大)

本公募は10月28日(月)に募集要項を公表。11月6日(水)に現地説明会を開催する。質問書の受付期間は11月6日(水)~11月11日(月)、質問書に対する回答期限は11月15日(金曜)。平成25年11月下旬に事業候補者を決定する予定。

【参考】
滋賀県 - 矢橋帰帆島大規模太陽光発電の設置運営事業者を募集します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.