> > 京都の生協屋上に太陽光発電、1口1万円合計750万円分の市民出資を募集

京都の生協屋上に太陽光発電、1口1万円合計750万円分の市民出資を募集

記事を保存

地域の再生可能エネルギー普及を進める社団法人「市民エネルギー京都」は、京都生活協同組合と協定を結び、府内2カ所の店舗の屋根を20年間借りて太陽光発電を設置し、設置費用の一部を出資によりまかなう市民出資型太陽光発電プロジェクトを開始した。

今回、太陽光発電を設置するのは、京都市左京区のコープ下鴨(発電出力31.7kW、年間計画発電量約32,400kWh)と城陽市のコープ城陽(発電出力49.5kW、年間計画発電量約51,600kWh)の2店舗。発電された電力は全量販売される。

10月30日より、1口1万円で750口(750万円)の出資を募集している。募集期間は来年3月31日まで。11月14日に、アピカルイン京都、城陽市南部コミュニティセンターで出資説明会を実施する。

同プロジェクトにおける太陽光発電システムの設置工事、並びに保守管理は、エコテック(東京都)、募集については、ファンド会社のミュージックセキュリティーズが実施する。ミュージックセキュリティーズは、京都市施設の屋根を活用し、少額投資でも多くの人が太陽光発電に関わることができる「まちの太陽光発電所ファンド京都2013」を手がけている。今年2~3月には、道の駅ウッディー京北(京都市右京区)、山科まち美化事務所(京都市山科区)における市民出資型太陽光発電プロジェクトを実施しており、今回はその第2弾となる。

また、同事業は、京都府の推進する「府民力活用プチ・ソーラー発電支援事業」を活用した取り組みの第1号となっている。

【参考】
ミュージックセキュリティーズ - まちの太陽光発電所ファンド京都2013

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.