> > 海中機器用の燃料電池 三菱重工&JAMSTECが改良し蓄電池より高効率に

海中機器用の燃料電池 三菱重工&JAMSTECが改良し蓄電池より高効率に

 印刷 記事を保存

三菱重工業は、海洋研究開発機構(JAMSTEC)と共同で、海中機器を長時間稼働させるための電源「高効率マルチ・レス燃料電池システム」を開発し、海中観測機器へ電力を供給する実海域での試験に初めて成功した。

同システムは、海中環境条件下で作動することを基本に、高効率化、小型化、高信頼性化に重点をおき、ガス循環系に新たな構造を採用。海底設置型の観測機器や海中探査機のための高効率大容量電源として用いられることにより、蓄電池に比較してさらに長期的な海洋観測・調査・探査に貢献することが期待される。

今回の試験により、小型で高効率、高信頼性の燃料電池システムの実用化に目処がついたことを受け、今後、本格的な実用レベルである数kW級の閉鎖式燃料電池システムの開発に向けて取り組んでいく。

(※全文:1,060文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.