> > 来年発売の電気商用車「日産e-NV200」、横浜市と連携し活用策を検討中

来年発売の電気商用車「日産e-NV200」、横浜市と連携し活用策を検討中

記事を保存
来年発売の電気商用車「日産e-NV200」、横浜市と連携し活用策を検討中

日産自動車は、100%電気商用車「e-NV200」を、2014年度中に日本市場に投入すると発表した。同モデルは、2014年半ばより、スペインのバルセロナ工場で生産を開始し、世界各国での販売を予定している。電気自動車(EV)「リーフ」に続き、同社がグローバルで販売する2車種目のEVとなる。

「e-NV200」は、ベース車の多目的商用バン「NV200」が誇るディーゼル車やガソリン車のバンと同等の室内の広さや多用途性、実用性を備えると同時に、走行時のCO2の排出量がゼロという特長を有する。また、屋外行事や緊急の際の電源としても活用できる荷室の電源供給機能や、先進的なテレマティクスシステムを搭載。その上で、多くのビジネスユーザーが最も重視する点のひとつであるランニングコストについては、同クラスの商用車をリードし、優れたレベルを達成するものとなる。

同社では現在、「e-NV200」について、その特長を活かした効果的な活用法のモデルケースを確立するため、同社の地元自治体である横浜市と共にその具体策を検討しており、すでに、同市での公用車としての活用や、横浜市民全体を対象とした車両モニター制度の設置などが、候補に挙がっている。

日産と横浜市は従来より、低炭素都市を目指した次世代交通の実現に向けた取り組み「ヨコハマ モビリティ “プロジェクト ゼロ”」を進めており、これまでに、「リーフ」および超小型EV「ニューモビリティコンセプト」を活用した施策を実施してきた。今後、同市が新たに「e-NV200」活用のモデルケースの検討に取り組むことにより、「e-NV200」の公的利用が将来にわたって広がっていくことも期待される。

また、横浜市とスマートシティの構築・発展に関して相互協力関係にあるスペインのバルセロナ市では、「e-NV200」を活用した施策が、すでに具体化しつつある。同モデルがバルセロナ市のタクシーとして活用され、さらに、その活用を後押しすべく、急速充電器網やEVタクシー専用停車場を整備していくことなどが、検討・計画されている。

なお、今月23日より一般公開がはじまる2013年東京モーターショーの日産ブースでは、環境未来都市を標榜する横浜市のマークを配した「e-NV200」を参考出品する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.