> > 来年発売の電気商用車「日産e-NV200」、横浜市と連携し活用策を検討中

来年発売の電気商用車「日産e-NV200」、横浜市と連携し活用策を検討中

 印刷 記事を保存

日産自動車は、100%電気商用車「e-NV200」を、2014年度中に日本市場に投入すると発表した。同モデルは、2014年半ばより、スペインのバルセロナ工場で生産を開始し、世界各国での販売を予定している。電気自動車(EV)「リーフ」に続き、同社がグローバルで販売する2車種目のEVとなる。

「e-NV200」は、ベース車の多目的商用バン「NV200」が誇るディーゼル車やガソリン車のバンと同等の室内の広さや多用途性、実用性を備えると同時に、走行時のCO2の排出量がゼロという特長を有する。また、屋外行事や緊急の際の電源としても活用できる荷室の電源供給機能や、先進的なテレマティクスシステムを搭載。その上で、多くのビジネスユーザーが最も重視する点のひとつであるランニングコストについては、同クラスの商用車をリードし、優れたレベルを達成するものとなる。

(※全文:944文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.