> > 山洋電気、自立運転機能付き100kW太陽光発電用パワコンを発売 停電時も電力を供給

山洋電気、自立運転機能付き100kW太陽光発電用パワコンを発売 停電時も電力を供給

記事を保存
山洋電気、自立運転機能付き100kW太陽光発電用パワコンを発売 停電時も電力を供給

山洋電気は、高効率を誇る100kW太陽光発電用パワーコンディショナ「SANUPS P83E」のラインナップを拡充し、停電時にも電力を供給できる自立機能付き製品の発売を11月15日より開始する。

一般的な産業用の太陽光発電システムは、商用電力が停電すると、太陽光発電の電力を使うことができない。自立運転機能を搭載したパワーコンディショナーがあれば、停電が発生しても太陽光発電から給電ができるため、万一の停電時にも非常用設備に電力を供給することができる。

同社は10月に、太陽光発電として業界トップクラスの高効率95%、20年の長寿命を実現した100kW太陽光発電用パワーコンディショナ「SANUPS P83E」の販売を開始した。今回は、「P83E104R(系統連系専用タイプ)」に加えて、「P83E104S(自立運転機能付タイプ)」を投入する。

「SANUPS P83E」は、その他の特長として、「広い入力運転電圧範囲」「力率変更機能」「太陽光発電システムの"見える化"」を備える。力電圧範囲はDC240~600Vで、さまざまな組み合わせの太陽電池に使用できる。

また、出力力率を0.8~1.0の範囲で設定できる。力率の変更により、電圧上昇の抑制が容易にできるので、設備の大幅な強化は不要となる。太陽光発電システムの状態監視サービス「SANUPS NET」を使うことで、太陽光発電システムの状態をリアルタイムで確認することができる。製品は部品の定期交換をすることで、20年間の使用が可能。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.